エステサロン従業員のやりがい

土曜日, 30 7月 2016, 14:39 | Category : エステサロンの仕事
Tags :

エステサロンを独立開業する

手に職が持てる仕事が人気があります。自分だけのスキルを手に入れることができれば家庭と両立しながら仕事をする事ができます。
結婚前までは事務職で働いていた方が結婚を機にエステサロンの勉強を始めて活躍している方も少なくありません。

エステサロンの従業員としてお客様に満足してもらう事もやりがいではありますが金銭的な部分を考えると従業員のままだと給与にも上限があります。
すべてのエステサロンで働く方が同じ思いではないですが、やはり独立をして自分のサロンを開業するのはやりがいの一つです。

エステサロンの場合、店舗を開くために免許は必要ないため独立・開業の敷居が低いです。
ベットと機材が揃っていればマンションの一室を利用して個人エステサロンを開業する事も可能です。
最初の準備の為の資金させ揃っていればエステサロンを開業する事自体は難しくありません。問題は開業後に継続して続けることができるかです。

手軽にエステサロンを開業する事ができるので年間に沢山のエステサロンが新しく出来ますが、開業後の1年後には半数が閉店してしまう事実もあります。
エステサロンを開業する事は技術も大切ですがビジネスプランとして継続させていくことも大切になります。

エステサロン従業員の喜びとは?

エステサロンを個人で開業してもエステサロン従業員として活躍をしても、お客様が満足してもらう事への喜びに違いはありません。
自分のスキルに自信があり開業をしても、お客様に満足してもらえず閉店してしまうケースも多いです。
体へのケアは個々人によって状態も異なるので、それぞれのお客様に対して満足してもらえる施術を提供する事は難しいことです。

独立をする為には基本的な施術も技術も必要になりますが、お客様への満足度を高めるためには経験も必要になってきます。
同じ施術していても個々人の状態に合わせて微調整ができるかは経験の部分が多いです。ちょっとした心遣いがお客様への満足度を高めていきます。
お客様の状態に合わせて施術を微調整するノウハウは勉強をして理解するのが難しいです。経験の中から獲ていく事が大切になります。

マネージャークラスになってくるとお客様対応がより忙しくなってきます。施術に対して満足されているかをカルテを使ってチェックが必要になってきます。
沢山のお客様の状況を把握して問題があるようであれば施術を担当している従業員へのケアも大切になってきます。
手に職を持つことができるエステサロンですが、お客様への満足を心がける部分はアナログな側面でもあります。
職人的な部分にエステサロンの魅力を感じてエステサロンへの就業を考えている方は、コミュニケーション力の部分が必要であることは意識した方が良いです。

Comments are closed.