認定エステティシャン

エステ能力の認定

エステティシャンとして仕事をしたいのであれば、ぜひ取得しておきたい資格が「認定エステティシャン資格」です。
これは協会認定エステティシャンとして認められる、という資格となります。
この資格を取得するためには民間のエステティック協会に加入する必要がありますが、その価値がある資格となります。

では、実際にこの認定エステティシャン資格を取得するためにはどのような条件が必要になるでしょうか?
まず前提となる、受験資格について見ていきましょう。
認定エステティシャンになるためには、認定協会が指定しているカリキュラムを受ける必要があります。

このカリキュラムは300時間程の時間が掛かるものなので、取得は一朝一夕には行かず、比較的長い時間を要することになります。
そのカリキュラムを修了するとその後で試験受験の資格を得ることが出来ますので、資格試験を受けることになります。

では、実際に試験として出題されるのはどのような内容になるでしょうか?
認定エステティシャン資格の試験は実技と筆記に分かれています。

まず実技試験ですが、これはコース修了の時点で受験を行なうことになります。
フェイシャルエステとボディエステの技術と、ワックス脱毛の技術を両方とも確認することになります。
カリキュラムをしっかりと履修していれば難しいものではありません。

筆記試験はその後でエステティシャンセンター試験を受験し、合格する必要があります。
エステティシャンセンター試験の受験には別途受験料1万円が必要となりますので注意して下さい。
こちらもカリキュラムをしっかり履修しているのであれば、難易度はそこまで高いものではありません。

認定エステティシャンの能力

では、この認定エステティシャン資格を取得することによって、その人はどれぐらいの能力基準を持っていると判断されるのでしょうか?
この資格試験を取得しているということは、エステティック業界における中核を担うことが出来るぐらいの知識と技術がある、とみなされます。
資格を取得するためにはフェイシャルとボディ、そしてワックス脱毛のそれぞれの技術を習得している必要がありますのでて、一般的な美容サロンで行われるエステ行為は全般的に請け負うことが出来る担保となります。

ちなみにこの認定エステティシャン資格は3年で更新が必要となります。
更新料などは必要ありませんが、協会に加入している必要があるので年会費の支払いは必要となります。
申込書の提出だけで更新を行なうことが出来ますので、更新の度に試験を受け直すといったようなことは必要ありません。

一度取得してしまえば、エステティシャンとしての道が開ける資格です。
取得は簡単ではなく時間が掛かりますが、一つの目標としてみると良いでしょう。

This post does not allow comments