美容サロンで有利になる資格

就職と資格

これは美容業界に限ったことではなく、様々な業界に対しても言えることですが、長引いた不況の中で就職の状況というのは非常に悪い状態にあります。
そういった中で、自分の希望する職場に就職するというのは簡単なことではありません。
自分の希望する職場に就職するためには、その職場の人事の人から「他の人よりも、この人を使いたい」と思われることが重要になります。

では、そのように思われるにはどのようなことが重要になるでしょうか?
学歴や人柄なども重要なポイントの一つですが、もう一つ重要となるのが「資格の有無」でしょう。
就職活動において資格を持っている、ということがどのような意味を持っているのか考えてみましょう。

資格を持っている、ということの最大の意味は、その人の知識や技術を客観的に証明することが出来る、ということです。
いくら面接で「自分には能力があります」とアピールしても、そのことを証明する資格を有していなければ、口だけだと思われてしまっても仕方がありません。
この自己アピールの裏付けをするために、資格というのは非常に重要な意味を持つわけです。

そもそも「自分はヘアセットが上手いです」というような主観的なアピールでは相手にしっかりとそれが伝わりません。
そう言った際に「自分はスタイリストの認定資格を持っています」ということが出来れば、それだけで技術の指標が明確に伝わることになるわけです。
資格の重要性は、自己アピールに説得力を加えることにある、ということですね。

そしてもう一つ、資格を持っていることによる隠れた効果があります。
それは、資格を持っている人は「資格取得に向けてコツコツと努力をすることが出来る人間である」というアピールとなることです。
特に取得が簡単ではない資格の場合、その取得に際して勉強や練習などの努力をしていることは明らかです。

一緒に仕事をしていく上で、努力を出来る人間なのかどうか、というのはその後の将来性に大きく影響を及ぼすポイントですから、当然重視して考えられる事になるでしょう。

美容サロンで使える資格

では、実際に美容サロンで使うことが出来る資格にはどのようなものがあるのか、一部を紹介していきたいと思います。
汎用性の高い資格としては、認定エステティシャン資格があります。
これはエステティシャンとしての基礎を理解しているということを示すことが出来る資格ですので、持っているのと持っていないのとでは実力の指標が大きく変わります。

さらに、ネイリスト技能検定なども有用な資格の一つです。
美容サロンではネイルケアも一緒に行っている事が多いので、サブの仕事として担うことが出来る、という資格も重要なポイントとなってくるわけです。
他にも様々な資格がありますので、見てみて下さい。

This post does not allow comments