エステサロン

エステサロンは時代とともに多様化

以前と比べると、街にエステサロンと呼ばれるお店が実に多くなりました。お店が多くなるということは、それだけニーズが高いということを意味しています。

美しくなりたいと願う女性の気持ちは古今東西変わることはありませんが、それをどうやって実現するかという方法が多様化している時代なので、エステサロンもそのひとつを担っているということなのでしょう。

エステサロンの基本は、人を内面から美しくするためのサービスを提供することです。リラックスした空間を作り、そこで肌をケアしていくことで化粧乗りの良いベースを作っていきます。

どんなに高級で上質な化粧品を使っても、そのベースとなる肌の状態が悪ければ満足のいく美を演出することはできません。エステサロンは、その基礎づくりという大切な役割を担っているのです。

もちろん最近ではエステの領域が広がっているので、お肌以外にも体の色々な部分を美しくするサービスを行っており、エステという言葉自体の持つ意味がとても広くなっています。

エステサロンには、色々な業態があります。エステを専門とする一般的なエステサロンはもちろんのこと、他にはホテルの中に設置されているエステサロン、自宅の一部をエステサロンにしている場合、さらには医療機関の中にエステスペースを設けている場合も最近は多くなってきています。

特に医療機関との連携は近年のエステにおけるトレンドとも言えるほど進んでおり、美容整形などの診療科目だけでなく、産婦人科、レディースクリニックなど女性向けの医療機関にリラクゼーションやエステサロンを併設するケースが増えてきています。

医療機関の差別化に利用することはもちろんのこと、医療の目的を達成するためにエステを利用することもあります。
また、人生の晴れ舞台として失敗できない結婚式に関わるエステも盛況です。

結婚式を控えた女性が晴れ舞台の思い出を美しく残すためにブライダルエステを利用するということも、全く珍しいことではなくなっています。

かつては女優やタレントなどが受けていたエステのサービスを、一般の人も普通に受ける時代になっているのです。こうした時代になってきた背景は、きれいになりたいという思いが一般の人にも広く浸透してきていることに加えて、エステ技術が進化したことも理由として考えられます。

エステティシャンの働き方、働く場所はさまざま

このようにエステサロンの形態が多様化しているということは、そこでの働き方やエステシャンになる方法も多様化していることを意味します。それぞれの職場で働くには、どんな技術や知識が必要なのか。

また、どんな試験を受ければスムーズに職場に入ることができるのか、働き始めてから必要になる資質はどんなものなのか、少し挙げてみただけでも多岐にわたっています。

それぞれの「エステサロン」は、どんな職場なのかということから、その職場で働くことを具体的にイメージできるような日常の情報、そしてそれぞれの職場への最短ルートをご紹介していきましょう。

特にホテル内のサロンで働くという点については人材の需要が高く全国にまたがっているので、有効なサイトの情報とともにご紹介したいと思います。

一般サロンで働く
まずは市中にある一般的なサロンについてご紹介します。

ホテル内サロンで働く
ホテルの中にサロンがあるというケースもあります。

■自宅サロンで働く
プライベートサロン的な場所について取り上げました。

■医療機関で働く
医療機関のような施設で働くパターンについてご紹介します。

■ブライダルエステで働く
結婚を準備している人に対するサロンについてまとめました。

This post does not allow comments