ファッション色彩能力検定

色彩能力検定

ファッションにおいて大きな印象を与え、特に重要な意味を持っているのが「色」です。
この色についての能力を示すことができる資格が「ファッション色彩能力検定」ということになります。
ファッション色彩能力検定には3級から1級までの3つの級があり、それぞれ求めているレベルが変わります。

3級資格が求めるのは、小売企業などのアシスタントとして仕事ができる程度の色彩能力です。
色彩に関する基本的な業務が可能となるレベルであるため、この級だけでも取得しているとアパレル関係での仕事の幅を広げることができます。
レベルの程度としてはファッション系専門学校などでファッション色彩を1年間学んだ程度となっており、民間資格としてはレベルが高めの最低級となります。

2級資格が求めるのは色彩関係の仕事に従事し、さらに色彩関係の仕事を立案することが出来るレベルの能力です。
商品企画などにおいても求められる色彩能力を有しているかどうか、ということを判断されるため、3級よりも実用性の高いレベルとなります。
こちらはファッション系専門学校卒業程度のレベルを求められることになります。

そして1級資格では、まさに色彩のプロフェッショナルとしての能力を問われることになります。
3級と2級とは出題形式が大きく変わり、実用性を大いに含む内容となるため難易度は格段に上昇します。
より上を目指すのであれば最終的には1級を目指すように出来るのが良いでしょう。

1級試験の内容

では、ファッション色彩能力検定の最高級である1級について、どのような試験内容となっているのかを紹介していきます。
この級を取得することが出来ると、色彩能力が必要とされる職場ならばどこでも需要が発生することになりますから、就職において幅広く有利になります。
色彩能力検定1級ではA科目、B科目、C科目という3つについて試験が行われます。

まずA科目においては、理論と知識を問う問題が出題されます。
正誤を答える問題や、正しいものを選ぶ問題など出題形式は幅広いものとなります。
ファッション色彩1と2のテキストから出題されることになりますので、テキストを購入して勉強を進める必要があります。

B科目では実際に色を見て回答する問題が出題されます。
色の組み合わせとして適切なものを選んだり、それぞれの色彩の効果などについても問われることになります。
A科目とB科目は共に85%以上の得点率が必要です。

そして最後C科目は、記述と実技を含むテストが行われます。
色彩に関する情報を読み取ることが出来るだけではなく、表として理解し易いものを作る事が出来る能力も求められます。
確かな正解がない立案試験なども行われるため、採点は複数の専門家によって検討されることになります。

1級取得は簡単ではありませんが、取得することで道を大きく広げることができるでしょう。

This post does not allow comments