ヘアサロン

美容室、理容室、ヘアサロンの違いって?

a0780_000215

ヘアサロンとは、いわゆる美容室のことです。なぜヘアサロンと呼ぶようになったのかは定かではありませんが、今ではヘアサロンという呼び方のほうが伝わりやすいと思います。

一般的には美容室のことをヘアサロンと呼ぶということで通っていますが、実はヘアサロンという呼び方だと理容室、つまり床屋もそれに含まれるという解釈があります。

しかし、法律的には美容室と理容室では働く人に求められる資格が異なるので、やはりヘアサロンという言葉は美容室だけのことを指していると解釈するのが妥当でしょう。

このことを踏まえると、ヘアサロンで働くには美容師の資格が必要になると考えるのが基本です。事実、ヘアサロンの求人はほとんどが美容師の資格を求めています。

美容室と理容室はそれぞれ髪を切ってセットをしたりカラーをしたりするサービスを提供する場所ですが、美容室の場合は顔剃りがありません。

一方の理容室にはカラーやパーマなどが一般的にはないので、そのあたりにスキルの棲み分けがあると考えると分かりやすいでしょう。あくまでも美容室、つまりヘアサロンは美しく仕上げるためのお店という位置づけです。

ならば女性客がほとんどなのかというと、最近はそんなことはありません。ヘアサロンを利用している男性はとても多くなっているので、かつてのような女性向けのお店というイメージはないものと思っておいたほうが間違いがないと思います。

特に繁華街などにある有名サロンになると、女性だけでなく男性の来店客が多く、お店によっては男女の比率がほぼ同数になっているところもあるそうです。

ヘアサロン業界は縮小傾向にある

ところで、ヘアサロンを巡る経営環境というのは近年厳しくなっているという指摘があります。それを裏付けているのは各種のデータで、一度の利用に使う金額の平均が年々減少している上に、ヘアサロンを利用する回数が以前よりも少なくっていることが分かっています。

それに対して総合的な美容サービスを提供するヘアサロンよりもカットやカラーなど、単体のサービスを提供するヘアサロンの売り上げや利用率が若干上昇しているという傾向が見られます。

ここから分かることは、利用者の多くがヘアサロンに使えるお金が減ってきて、必要最小限のサービスだけを安く受ける人が多くなっているという点です。

こうした傾向やデータは、これからヘアサロンで働きたいと考えている人は直視すべきものでしょう。

美容師の働き口はいろいろ

それでは、ヘアサロンで働くことをイメージした時、どんな職場が考えられるでしょうか。例えば有名サロンや大手のチェーン。これは真っ先に思い浮かぶ選択肢です。

他にもホテルの中にあるヘアサロン、街にある個人経営の小規模なヘアサロン、カットを専門に行って安さを売りにしているお店、さらにはカラーリングを専門に行っているカラー専門店など、一口にヘアサロンといっても対象としているお客様や、価格帯などで実にさまざまです。

それぞれのお店は同じようにヘアサロンといっても、そこで行っている仕事の内容や働くための方法や必要スキルが大きく異なるので、それぞれの「ヘアサロン」について個別に働き方を考察してみたいと思います。

それぞれの業界で働く際の参考や、その後のキャリアアップに対する考え方の基本にしていただければと思います。

有名サロンで働くには
有名なお店で働くための諸条件についてご紹介します。

チェーン店で働く
世の中には20万店舗以上の美容室が存在します。チェーン系のサロンで働くのも良いでしょう。

■個人店で働く
街のどこにでもあるような個人店で働くという楽しみもあります。

■カット専門店で働く
カット専門のお店もありますので、こちらを利用するのも良いでしょう。

■カラー専門店で働く
一部にしかないカラーを専門的に扱うお店についても取り上げます。

This post does not allow comments