カット専門店で働く

一時期のどん底を脱した感はあるものの、まだまだ日本全国を不況の雲が覆っている状況は続いています。

そんな経済情勢ではデフレといって商品やサービスの価格が下がる現象が起きますが、その傾向が美容業界でも起きました。その象徴が、カット専門店です。安い価格と短時間にカットが終わることを武器に駅前などに店舗を展開し、多くの利用客で賑わっています。

こうしたカット専門店は店舗の展開をどんどん進めていることもあって、人材の需要が高く、活発な採用活動を行っています。よって、これからカット専門店で働きたいと思っている人にとっては有望な職場となるでしょう。

安さを売りにしている業態ということもあって給与などの待遇を心配する人も多いのですが、これは単に薄利多売で事業を行っているだけで、そこで働く人の待遇が悪いというわけではありません。

せっかく店舗展開が順調に進んでも人材が集まらなければ事業はできないので、そのあたりは待遇にもしっかりと反映されています。

求人は主にネットを経由して出されています。中途採用の人が多いので、新卒ではないことを気にする必要はあまりありません。一般的なヘアサロンよりも利用客の滞在時間が短いので、ヘアカット以外の接客をあまり伴わないのも、人によっては魅力になるかも知れません。

こうしたカット専門店では、美容師または理容師の資格が必要になります。ハサミを持って来店客の髪を切るのが仕事なので、その作業にはどちらかの資格が必須となるからです。

ちなみに同じ店内でもヘアカットをするだけの人と、ヒゲ剃りや顔剃りをする人がいることに気づく方もおられるかも知れません。これらの仕事を担当する人が作業によって代わるのは、美容師と理容師の資格を持っている人がそれぞれ異なるからです。

ヘアカットは主に美容師の仕事で、顔剃りなどカミソリを使う作業は理容師が担当していると考えると分かりやすいです。

This post does not allow comments