有名サロンで働くには

カリスマが活躍する有名サロン

ヘアサロンの中には、とても有名なお店があります。そこにはカリスマ美容師と呼ばれるような名前の売れている美容師がいて、いつも予約でいっぱいです。

そんな有名なサロンで一流の美容師にカットやカラーをしてもらおうとする人がネットなどで情報を収集して予約を入れるので、さらに多くの予約が入るという循環になっています。

その一方で中小のヘアサロンの中には顧客が減ったことによって経営が行き詰まったり、廃業したりしているところもあるので、まさにヘアサロン業界は二極化が進行していると言われています。

有名店は高水準の技術を求められる

有名サロンで働きたいと思っている人はとても多いので、かなりの狭き門であることは認識しておきましょう。狭き門になるということは、それだけスキルが高い人が集まってくるということです。

そこに集まってくる人は、明日のカリスマ美容師を目指している人たちばかりで、その人たち同士が競い合って腕を磨く世界なのですから、それに付いていけるだけの意欲と資質を持っていなければなりません。

しかし、まだ美容師の資格を取ったばかりで実務経験が少ない人というのは何をアピールすれば良いのか分かりません。

実績をアピールしようと思っても、その実績がないのですから、今後に対する期待値や意欲といったものをアピールすることになります。なかなか正解が見つかりにくいものですが、有名サロンで働くというのは、そういうことなのです。

狭き門であるがゆえに、そこで働いている人は実際にどう感じているのか、どんな仕事をしているのかということがなかなか見えてきません。

そんな疑問を解消するようなまとめサイトがあるので、そちらも参考までにご覧ください。

参考:人気ヘアサロンで働く美容師の経験談

このサイトには美容師になるための費用や必要なスキル、学歴をはじめ、実際に有名ヘアサロン(このサイトでは人気ヘアサロンと表現しています)で働いてみた実際のところが赤裸々に述べられているので、とても参考になると思います。

特に美容師アシスタント時代(要するに下積みです)の大変さについては、これから有名ヘアサロンで働きたいと思っている人にとって必要な情報なのではないでしょうか。このサイトで面白い点は、これだけではありません。

美容専門学校の内部事情や就職活動の実際、面白かった授業など、この人が実体験したことが実に分かりやすく書かれています。その先にある美容師国家試験についての記述もあるので、こちらも資格取得を目指している人は必見です。

大変だとはいえ、やはり有名ヘアサロンは魅力がいっぱいです。何せ、カリスマ美容師が目の前にいて、その人が繰り出す仕事の数々を直接見ることができるのですから。

職人の世界は教わるより盗めと言われますが、美容師の世界もこれと同じです。目の前にいるカリスマ美容師から多くのものを盗んで、どんどん腕を磨いていくのが常道なのです。

そのカリスマ美容師にも駆け出しの時期があって、その時期はひたすら下積みの仕事をしながら一流美容師の技術を盗んで成長していったに違いないのですから。

This post does not allow comments