美容サロンで働く人の声

100万人を超える美容サロン業界

美容サロンで働く人の数はとても多く、100万人を超える規模です。それだけ日に対する社会的なニーズが高いということですが、それと同時に、この世界を目指そうとする人が多いことでもあります。

このサイトをご覧になっている方の中には、これから美容サロン業界を目指そうと思っている人もいるでしょう。すでにその夢に向かって一歩を踏み出した人もいるかも知れません。

そんな人にとって、やはり気になるが現場の声です。現場で実際に働いている人が、仕事を通じてどんなことを得たり、苦労しているのか。

この点については、実際に働いている本人に聞くのが一番ですが、身近なところに該当する人がいないのであれば、ネット上の口コミ情報などに頼るしかありません。しかし、口コミ情報というのは玉石混交で、どこまで信憑性があるのか分からないものもたくさんあります。

そこで、ここではエステサロン、ネイルサロン、ヘアサロンという美容系サロンの3業種について、実際に働いている人の生の声をまとめました。

同じように「○○サロン」という名前が付いているものの、それぞれの業種ではやっていることや必要なスキル、資格がまるで異なります。しかし、そこを利用する人の美を追求するという最終的な目的は同じです。

それぞれのアプローチで、すでに現場で働いている人たちはどうやって美を追求しているのか?そのあたりも気になるところです。

お給料をもらうための仕事というだけの目的で仕事に就くのであればあまり気にならないことかも知れませんが、美容系サロンの仕事は一種の芸術に近い職業でもあります。

つまり、そこで働く人たちは一種の芸術家でもあるのです。そんな芸術家たちが感じていることや、これからの展望などは実に興味深いです。

現場の声を知ることで、改めて自分の道を考えよう

エステサロン、ネイルサロン、そしてヘアサロンにはそれぞれ、お店の形態にもいくつかの種類があります。

街なかにある一般的なサロン、自宅でサロンを開業している人、そしてホテルの中にあるサロンといった具合です。それぞれの業種、お店で働く人たちが自分の仕事をどう感じているのか、それでは生の声をご紹介していきましょう。

■エステサロンで働く人々
エステサロンでの勤務について詳細にご紹介します。

■ネイルサロンで働く人々
最近登場しているネイルサロンについて取り上げました。

■ヘアサロンで働く人々
いわゆる美容室で働く人たちにフォーカスを当ててみます。

This post does not allow comments