チェーン店で働く

チェーン店は安心感が売り

人気の高いネイル業界なので、その中には多くの店舗を展開している大手ネイルサロンのチェーンもあります。このあたりは美容室やエステと似ていて、大手には大手ならではの安心感や魅力があるので、利用客にも人気です。

これは自分自身のこととして考えてみると分かることですが、何か新しいサービスを利用しようと思っている時に真っ先に検討するのがチェーン展開をしている大手です。

ネイルサロンだけでなく、スポーツジムや飲食店などでも同じではないでしょうか。そのことは来店客の傾向にも表われていて、エステに行くのが初めてという人や、まだあまり経験がない人が多く見受けられます。

大手チェーンは研修制度が充実している

このような大手チェーンで働くというのは、働くネイリストにとってどのようなメリットがあるのでしょうか、はたまたデメリットとはどんなものでしょうか。

大手チェーンが持つ最大のメリットは、何と言っても研修制度が充実していることでしょう。それぞれのチェーンにはブランドイメージがあるので、そのイメージを損ねないためにもネイリストの質に一定以上のものを求めます。

採用時にそれが備わっていなくても、それを身に付けるだけの意欲と資質があれば、採用後にしっかりと磨いてくれます。いつかはそのネイルサロンを退職する日が来ると思いますが、このように働きながら身に付けたスキルはどこに行っても役立つものです。

大手チェーンで働くためには、一定以上のスキルや知識がある程度身に付いていることが望ましいでしょう。採用後に身に付けるスキルとは違い、ネイルについての基本的な知識や技術などです。

就職後に本格的な研修を受けるにあたって、いちいち基本的な知識から始めるのではなく、すでにある程度知識を持っている状態で研修をするのが望ましいというわけです。

こうした技術を身に付けるにはスクールに通ったり資格を取得するのが最も早道なので、大手チェーンに入ることを前提にスクール通いをしている人は多くいます。

仕事を持っている人はスクールに通うのが難しいので、通信講座で知識を身に付ける人もいます。ただし、通信講座の場合は実地練習ができないので、どうしても机上の知識が中心になってしまいます。その意味では、通信講座だと大手チェーンに勤めるまでに少々時間を要するかも知れません。

Q&Aサイトに、通信講座から大手チェーンに勤められるかという質問を寄せている人がいます。

参考:ネイルサロンへの就職

大手チェーンのネイルサロンに勤めるメリットと、通信講座から大手に入れるかどうかというリアルな回答が寄せられていて参考になります。
一方、大手チェーンで働くデメリットについてはどうでしょうか。

大手というだけあって先輩や同僚がたくさんいるので、人間関係で苦労するという話はよく聞かれます。

また、大手なのでチェーン展開が全国にまたがっている場合もあり、全国規模での転勤を伴う場合があるのも人によってはデメリットに感じる部分かも知れません。

This post does not allow comments