ヘアサロン従業員の給料

ヘアサロンの平均給料は?

厚生労働省が調べた結果では平成25年の調査で平均年収は280万円となっています。
一般的な会社員と比較すると低い印象があります。ヘアサロン勤務にはアシスタントやスタイリスト、店舗経営と役職などが変わっていき給料も変化していきます。
職人的な面が強く実力があれば給与がアップしていく傾向が高いです。キャリアアップしていくと一般的な会社員よりも給与は高くなる可能性があります。

ヘアサロンに未経験で従業員になると、まずはアシスタントになります。アシスタントになると手取りで16万円程度が相場です。
アシスタントで経験を積むとスタイリストとしてキャリアアップします。実際にお客様のヘアをカットしたりと実力が試される状態になります。
スタイリストの平均給与は20万円前後と言われています。このくらいで一般的な会社員と同じくらいの給与になっていきます。

会社員と違いスタイリストの場合はインセンティブが付いてきます。スタイリストになると実力があれば給料に大きな変化が出てきて平均給与の2~3倍に変化していきます。
実力がある人はトップスタイリストと呼ばれ大きな給与を得る事ができますが多くのスタイリストがトップスタイリストになれる訳ではありません。
一般的にスタイリストの給料は年齢×1万円くらいの月収が目標と言われています。30歳であれば月収が30万円が目標の金額になります。

ヘアサロンの店舗経営は?

ヘアサロンのキャリアアップはアシスタントからスタイリストになり従業員であれば店長へのステップアップになります。
一般的に店長とスタイリストの給与は同額程度です。会社によっては役職手当なども支給されます。

スタイリストの最終的なキャリアアップとなると独立して開業です。独立をすると実力の勝負になるので年収には大きな変化が出てきます。
複数店舗を経営できるくらいの実力があれば年収1000万円になります。両親が美容院を経営していて店を継ぐとなると独立資金をおさえることができます。

まったく新しく開業するとなると開業資金が必要になります。10坪程度の店舗で1人の美容師を雇い、2席でシャンプーが1セットとなると開業資金は600万円程度になります。
実力があれば開業資金を貯金する事も可能ですが最初はお金を借りてのスタートになります。

スタイリストの仕事はヘアカット以外にもあります。専門学校などで講師として働いたり、美容商材のコンサルティングをする美容ディーラーなどもあります。
副業的な仕事も実力があれば話も出てきます。どの業界でも同じですがフリーで仕事をするには仕事を獲得する為のコミュニケーション能力も大切です。
ちなみに講師として仕事をするには理容師美容師養成施設の教員資格が必要になりますのでコツコツと資格の勉強をするのも給与アップのチャンスになります。

0 Comments