ネイルサロン従業員の給料

ネイルサロンの給料は?

ネイルサロンの求人をチェックすると店舗によってバラつきがあります。大手の店舗であれば20万円を超える所は少なくありません。
正社員での雇用も整っていますし、福利厚生、健康保険、厚生年金などの基本的な社会保険も整っています。接客業なので拘束時間は長いですが週休2日も揃っています。

ネイリストの場合、技術的な面が重要視されてきます。技術がしっかりしていればリピーターもついてくるので給与もアップしていきます。
まったく未経験で他業種からネイルサロンの従業員になる事も可能です。未経験者からでもネイルサロンの従業員の雇用はあります。

未経験者の場合はネイリストになる為の専門学校に通うのが近道です。独学でネイルを勉強して従業員を目指す方法もあります。
大手の求人募集だと未経験でもアシスタントから就業できますがネイルスクールを卒業しているのが条件になっています。

正社員雇用もありますが一般的にはアシスタントからスタートします。アシスタントの場合、アルバイト雇用になることが多いです。
アルバイト雇用だと時給800円のケースもあります。月の平均労働時間が200時間程度なので隔週で週休2日程度の勤務になります。
事務職などOLをしている方だと手取りは少なくなる可能性が高く労働時間も長くなります。

未経験でネイリストになるには?

未経験でネイリストを始めた場合、アシスタントからスタートするので手取りは17万円とか20万円を超えるのは難しいです。
ネイリストの検定試験もあるので資格を持っている方は求人でも優遇されます。JNECネイリスト検定であれば3級以上が望ましいです。

店舗によってはランクが設定されており、ランクがアップすると給与も良くなります。具体的にはアシスタント、ネイリスト、ディレクターという流れです。
ネイリストとして実績も経験も積むことができれば転職もしやすくなり、キャリアアップも期待できます。
経験や実績が給料に反映されやすいのは手に職を持てる仕事のメリットです。最初は給与に魅力を感じなくても徐々にキャリアアップが期待できます。

店舗によっては独立を支援してくれる制度もあります。経験と実力が揃ってきたら独立をすることでさらに給与アップが期待できます。
どちらにしても実力の世界なので成功すれば給与がアップする可能性がありますが、思うように実績を作れなければキャリアアップに時間がかかります。

低い給料でもネイルが好きだからネイリストとして働いているという方もいらっしゃいます。
低収入で労働時間が長いけど、事務職などが向いてないからネイリストになったというパターンもいらっしゃいます。
高収入を得る事もネイリストは可能ですが過度な期待はせずにコツコツと続けていくことが大切です。

0 Comments